Voice お客様の声

開放感と利便性を兼ね備えたLDKに、家族が自然と集まる『手形の家』

松江市内にあるA様邸。ご夫婦とお子様ふたりの4人暮らしです。

ご主人の実家近くにあった築40年の中古住宅をご購入し、2年ほど暮らしたあとにリフォームを思い立ちました。

 

お客様のご要望は、普段使っている北側のダイニング・キッチン、そしてリビングとして使っている和室の

天井を高くしたい、そのために思い切って吹きぬけを設けたい!

また、自然素材を使ったリフォームをご希望されていました。

 

しかし北側の部屋は元から梁が低い位置にあり、吹きぬけを設けると構造的に弱くなってしまうため、

火打ち梁という補強を入れなくてはなりませんでした。

それではせっかくの吹きぬけも、低い梁や火打ち梁があるために十分に生かすことができません。

 

そこで、北側にあるキッチンやリビングを思い切って

明るい光がたっぷりと入る南側に移動することをご提案しました。

 

吹きぬけは無くとも、南側へ移動することにより光が入るのはもちろん、天井高の問題も解消できます。

当初予定されていたご予算で工事に着手することができました。

 

 

↑Befoer↑ 南向きの客間。解体前でも南からの光でとっても明るいです。

 

↑After↑ 客間をLDKにチェンジ!漆喰壁で更に明るくなったリビングには、自然と家族が集まります、と奥様。

リフォーム後はご親戚やご友人からもLDKが広く、漆喰の壁・無垢のフローリングが良い!とご好評のようです♪

 

LDKの延長線上には、利便性を考えて洗面所やトイレなどの水まわりを配置。

リフォーム以前はダイニング・風呂・トイレに移動距離がありましたが、

現在は生活のほとんどがこのスペースで完結できるのでとても便利になった、とおっしゃいます。

 

また、LDKの配置には女性設計プランナーならではの工夫が!

一般的なLDKの配置は、リビングから見える位置にダイニングテーブルがありますが、

今回のリフォームでは、LDKの真ん中にキッチンを設け、リビングとダイニングを分けました。

 

そうすることにより、LDKに入ったときにダイニングテーブルが見えず、

例え食器が置いてあっても、生活感を見せることなくスッキリとした空間となります。

ご夫婦もこの間取りがお気に入りポイントだそうです♪

 

 

そして、リビングの漆喰壁にはお子様の手形をつけ、更に愛着の湧く我が家に!

『手形の家』っていう感じでお気に入りです、とご夫婦。ご家族の一生の記念ですね♪

 

そんなA様ご家族の、無添加住宅リフォームのきっかけをお聞きしました。

決め手は『家族の健康を考えた家』であること、そして『デザイン性』に惹かれたそうです。

 

色々なモデルハウスを巡る中で、単純に『無添加住宅の見た目』に惹かれ、

そして、無添加住宅の健康面に配慮したこだわりを聞き、息子さんがアレルギーを持っていたこともあり、

それが大きな決め手になったようです。

 

 

天然の抗菌作用や調湿性能を持つ無添加住宅オリジナルの漆喰は、家の中の空気を清浄し、

アレルギーやシックハウス症候群などの健康被害から家族を守ってくれます。

実際にリフォーム後は、息子さんのアレルギー症状が軽減されたといいます。

また、ペアガラスと漆喰の相乗効果により結露しなくなり、利便性だけでなく、より快適な空間に。

 

 

お客様と一緒に作り上げていく無添加住宅リフォーム。

ご家族の健康をいちばんに願う、ステキなリフォームとなりました。

 

最後に、取材させていただきましたA様ご家族に心から感謝いたします。

ありがとうございました。

TOP