Voice お客様の声

無添加住宅に決めたのは、「健康への意識の違い」と「こだわり」

I様邸

もともと『無添加生活』をされていたI様。ご家族にアトピー性皮膚炎の症状があったからです。

元来、『家選びはパートナー選び』だということを感じておられるご主人様は、ハウスメーカーや工務店を半年近くかけて見回ったそうです。今の時代、環境や健康に気を使うメーカーは数ほどありますが、どこもどんぐりの背比べで「これは!といったものがなかった」ということでした。

無添加住宅の話を聞き、漆喰壁や炭化コルクの断熱材・床材・石材・屋根材と徹底した自然素材へのこだわりに、「他とは健康意識への次元が違う。パートナーはここだ!」との印象を受け即決断。住まいづくりが始まりました。

この無添加住宅のお気に入りポイントは4点あるとご主人様はいいます。最初はキッチンの納まり。アイランド仕様でコンロとはセパレートになっているものの、充分なスペースをとっているため、「見た目よりは凄く動きやすいんですよ!」と奥様。

二つ目は、掘りごたつ仕様の和室です。

中央部だけが畳式の和風モダンで仕上がったおしゃれな空間です。吊押入れ下部には石板とサンゴが敷かれ、夏でもひんやりと涼しいミニ床の間となっているのが特徴です。

ピュアハウス5

 

三つ目は、ダイニングコーナーに隣接しているウッドデッキ。

折りたたみ式のワイドサッシを開け、足を踏み出すと周辺の緑を感じ、小川のせせらぎを耳にするだけで、日常的にアウトドアライフが満喫できます。

ピュアハウス4  ピュアハウス2

 

最後は、リビング、ダイニング、キッチンと和室の天井梁。

無添加住宅の秋田憲司代表が、「日本の昔の家を現代に・・・」と言ったそのままの雰囲気を具現化した提案です。「これがあるのとないのとでは、全然違っていたと思います。」と奥様。キッチン、リビング、ダイニングを一体化するかのように見せる天井の梁が、室内の雰囲気を上品なものにしています。

ピュアハウス

 

他にも、2階の主寝室には広大なウォークインクローゼット。

子ども部屋には光と風を感じる大きな窓や、ロフト風の棚もあり生活のしやすさへの配慮も充分です。

ピュアハウス3

 

「自然との共生の中で暮らしているという実感があって、アトピーとは無縁となりました。」とおっしゃる奥様は、月日が経って家を『手入れ』できることも、これからの楽しみのひとつ!と笑っておられました。

TOP